臨床心理士によるグループスーパービジョン講座を開催。個人スーパービジョン・ケースコンサルテーション・教育分析も行なっています。

ご予約は、センターからのメール 返信をもって確定となります

青山心理臨床教育センター

個人スーパービジョン

個人スーパービジョンでは、継続的なトレーニングとしてケースの見立て、支援方針、問題へのアプローチの妥当性等について経験豊富な臨床家から学びます。申込フォームかメールにてお申し込みください。
場 所: 青山心理臨床教育センター 
→地図
費 用: 1回50分 ¥9,000 
→申込フォーム

ケースコンサルテーション
(個人事例検討)

クライエントに出会うとき、援助者としてそのクライエントの抱える問題への見立て、それに沿った支援を行うことが問題解決への大きな力となります。しかし、複雑な背景を持つクライエントの見立てをできる限り正確に行うためには、知識と経験が必要となります。また、一度立てた見立てや方針もクライエントの変化などによって変わらざるを得ない場合もあります。順調に進んでいた面接が突然行き詰まったように感じられることも起こります。
APCECでは、ご自身の抱えるケースについての見立て、支援方針、問題へのアプローチの妥当性などについて、経験豊富な臨床家の目から見たケースの見立てや対応などについてコンサルテーションを受ける機会を提供いたします。これは1つのケースについて継続して指導を受ける個人スーパーバイズとは異なり、基本的に1回の面接から受けることが可能です。詳細はお問い合せ下さい。
個人スーパービジョンのトライアルとしてもご利用いただけます。
場 所: 青山心理臨床教育センター 
→地図
費 用: 1回50分 ¥9,000 
→申込フォーム

教育分析

対人援助にかかわる中で、援助者自身の心理的な課題に気づくこともあるでしょう。教育分析とは、トレーニングとしてご自身が心理療法を受ける体験です。自身の課題をベテランカウンセラーとの面接を通じて取り扱うことで自己理解を深めていく作業です。
申込フォームかメールにてお申込み下さい。
場 所: 青山心理臨床教育センター 
→地図
費 用: 1回50分 ¥9,000 
→申込フォーム

インターネットを介した
音声・ビデオ通話による
個人スーパービジョン

心理臨床への関心の高まりに伴い、臨床心理士・公認心理師の有資格者は増えています。個人スーパービジョンの必要性が高まる中、遠方の臨床家及び定期的に来室されるのが難しい臨床家を対象に様々なケースに即した指導や助言をZOOMを通して行います。詳細はこちらをご確認ください。
申込フォームかメール、またはお電話にてお申込み下さい。
申込フォームはこちらから