カウンセラー紹介

順不同 .

林もも子

東京大学大学院博士課程単位取得退学。臨床心理士。
クライエント中心療法のトレーニングを受け、東京大学学生相談所、教育相談所等で臨床を行う。その後精神分析のトレーニングを受け、現在は折衷的な立場で臨床にあたる。

濱田成美

大正大学大学院博士課程前期課程修了。臨床心理士。
開業カウンセリングルーム及びクリニックでの臨床の他に、公立小・中学校のカウンセラーとしての経験が長い。また福祉領域での援助にも長く携わる。精神分析的な心理療法の視点からのアプローチを行う。

大矢泰士

東京都立大学大学院博士課程単位取得退学。臨床心理士。
精神分析的なオリエンテーションのもとで総合病院や精神科・心療内科クリニックでの個人心理療法を行なう。また、大学院で臨床心理士の養成にもあたっている。

石橋章子

東京学芸大学大学院修士課程修了。臨床心理士。
教育相談・クリニックで臨床経験を積んだ後、総合病院にて長く心理査定・心理療法に携わる。対象は幅広いが、子どもの発達も専門としている。

横山剛

上智大学大学院博士後期課程単位取得満期退学。臨床心理士。
教育相談所、総合病院精神科、大学附属臨床心理相談等にて、児童~成人~高齢者の臨床に長く 携わってきた。
現在、大学・大学院教授として後進の指導にもあたっている。
国内外で分析心理学(ユング派)の訓練を積み、対話心理療法、夢分析、箱庭療法、描画療法、遊戯療法を行って来ている。

田多井正彦

東洋英和女学院大学大学院修士過程修了。臨床心理士。
開業カウンセリングルーム、スクールカウンセラー、教育相談室を経験し、幅広い年齢に心理療法を行う。ユング心理学をベースにしながら、認知行動療法や身体面からのアプローチも取り入れている。

鳥越淳一

Boston Graduate School of Psychoanalysis 臨床精神分析学博士課程修了。精神分析学博士。NAAP認定精神分析家。 臨床心理士。
アメリカにてmodern psychoanalysis(スポトニッツ学派精神分析)のトレーニングを受け帰国。主に統合失調症やひきこもり、 うつ、自己愛障害の精神分析に従事してきており、集団精神分析療法やセクシャルマイノリティのカウンセリングも行う。現在、同大学院 (BGSP)の国際フェロー。

仁田公子

立教大学社会学部社会学科卒業。臨床心理士。
教育相談室、公立小・中学校での臨床経験が長く、クリニック、子育て支援領域の心理援助にも携わっている。
フォーカシング指向心理療法のトレーニングを受け、パーソンセタードアプローチをベースとして、日本独自の心理療法である内観のエッセンスも取りいれた面接を行っている。

桑原裕子

筑波大学人間総合科学研究科修士課程修了。
国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センターで認知行動療法研修を修了。クリニックや産業福祉分野で活動。認知行動療法の得意分野といわれる、うつ・不安への対応だけでなく、強迫性障害へは曝露反応妨害法を行なっている。

他 臨床心理士4名

○お申し込みは[カウンセリングの流れ]をご覧ください。
 (教育分析・個人スーパービジョンは青山心理臨床教育センターで承っています)